カテゴリ:ダビスタ( 16 )

白馬の王子様

珍しいのが産まれた。

b0023812_1511433.jpg













白馬の牡!!
牧場始まって以来2頭目!
前回も牡だったなぁ。
そいつは重賞に勝ってくれた。G1までは届かなかった。

こいつも重賞勝つぐらい行って欲しいな。
牝なら繁殖にまわしてまた白馬作れたかもしれんけど。

馬の毛色 白毛(Wikipedia)



そーいやあるある大辞典、捏造やりすぎて打ち切りになりそうですね。
いくらなんでも捏造し過ぎだと思ったw
あるある捏造詳細
[PR]
by paja1206 | 2007-01-20 23:59 | ダビスタ

⑧代目牝馬の活躍

うちの子がやってくれた!

前回までのお話
うらにわ牧場の危機

なぜ?⇒⑦代目の牝馬⑦B ウラニワダンサー12戦1勝

⑥代連続で重賞勝ち牝系の記録が途絶えそう

⑦A サンライズダンスが重賞に勝てなければ↑が実現。
ここまで。


現在↓

⑦A サンライズダンス 20戦5勝 重賞1勝
⑦B ウワニワダンサー 12戦1勝

やった・・・!!
⑦A サンライズダンスがG3のCBC賞を勝ってくれた!!
4番人気でよく頑張ったよお前。
これでスネークダンスを初代として⑦代連続重賞勝ち牝系となったわけだ。
うちの牧場はハデなG1馬は居ないけど、地道に重賞を勝ってくれる馬が居てくれて嬉しい。

さて、先に繁殖入りした⑦B ウラニワダンサー。
無事に子を産み落としてくれてます。

⑧ダンスハオワラナイ 6戦1勝
コマンダーインチーフを付けた「考えた配合」
・・・だったのに。('A`)

⑧スリープダンス 1戦0勝
父エンドスウィープ、Mr.Prospector 3*4 NorthenDancer 4*5
初レース7月2週の未勝利戦で印ぐりぐりの1番人気!!
こいつは期待できるぜー!!
実況「さぁ4コーナーを周って・・・おーっと!スリープダンスどうした?!故障発生か!?」
Pa「ぶーーーーーーっっっ!!!」
・・・予後不良。('A`)
オンドォルルラギッタンディスカー

⑧スキャナープリンタ 戦績不詳
そこそこ勝った記憶はあるんだが、なんせ重賞勝てない牡馬なんぞに興味がないもんで。

⑧B-A ミセスダンサー 17戦5勝 重賞1勝
コマンダーインチーフの子。
1勝馬の子から重賞馬が出てくれて嬉しい。牝馬G1で5番人気前後。

⑧B-B ウラニワガンバル 14戦6勝 重賞4勝
タイキシャトルの子。Halo 3*4 Nijinsky 4*4
短距離のHalo、長距離のNijinsky
産まれた子はどっちつかずの適正距離1600~2000m
牝馬G1で3番人気前後で勝てず。
他の馬に比べて勝率が高いのは、出走レースを自分で選んだから。
金に困ってたんだ。

というわけで、駄馬だった⑦B ウラニワダンサーから再び重賞勝ち馬が出てくれた。
牧場をやってて一番嬉しいパターンのひとつw

さて、⑦A サンライズダンスも繁殖入りしたわけだ。

⑧A スカートニカミカゼ 15戦5勝 重賞3勝 うちG1が1勝(桜花賞)
初子のKingmanbo産駒がG1勝利という快挙。
これでこそ名牝スネークダンス系というものだ。
でも全然期待してなかったから名前適当。
典型的な早熟馬だったようで、以降の成績はぱっとせず。
(最後に取った重賞が桜花賞で最後の勝利レース)

⑧代目でずいぶん増えた気がする。
子を産ませるつもりなのは、今のところ
⑧B-A ミセスダンサー 17戦5勝 重賞1勝
⑧B-B ウラニワガンバル 14戦6勝 重賞4勝
⑧A スカートニカミカゼ 15戦5勝 重賞3勝 うちG1が1勝(桜花賞)
この3頭。
⑧代目をもっと増やすつもりだったんだが、⑦A サンライズダンスが死んでしまった。
初子がG1馬だったから兄弟馬に期待していたのに・・・。
でも血統が残せただけOKとして⑨代目の生産に取り掛かる。
とりあえず
⑧B-A ミセスダンサー×ブライアンズタイム
⑧B-B ウラニワガンバル×Sadler's Wells
⑧A スカートニカミカゼ×BTとCozzene

そろそろ牝系の家系図がわからなくなってきた。
つーか別に「ダンス」いらないじゃん?名前つけれねーしw
[PR]
by paja1206 | 2007-01-18 22:18 | ダビスタ

ダビスタP日記 名牝スネークダンス ~7代目の悪夢~

高速道路をバイクで走ってたんですよ。
左側のライン沿いに左カーブを曲がってたら、こぶしぐらいの石に乗り上げてバイクが吹っ飛んだ。
いや、吹っ飛びそうになってハンドル操作でなんとかしようとしたら吹っ飛んだ。
地面をガリガリ削りながら滑るバイクと同じ速度で地面を滑った。
ビックスクーターなので、バイクに足を挟まれること無く、手もハンドルから離れてたけど、体感的にはバイクと同じ速度で滑ってた。
目線は地面すれすれで、後続車が見えた。
そのまま地面に体をこすりつけながらガードレール?に背中からぶつかった。
痛い。ガーーンッ!という衝撃を受けた。
バイクががしゃーーん!とはじける音を聞き終わって、やっと状況把握するために頭を働かせることが出来た。
後続車から人が降りてきて、「大丈夫か!?」と聞いてきた。どうやら男の人。
「だ、だいじょうぶです」と答えたものの・・・答えてから手と足がしびれて感覚が無いことに気づいた。
男の人が「助ける」みたいなことを喋ってたけど、はっきりとは判らん。
じわじわと意識が落ちてきて、「うぅぅ」みたいなうめき声を出してたみたい。
左肩を地面につけるように倒れこんでいったような気がする。
でもまだ早いと思った。
体が痺れて動かない。
まだ。もうちょっと。
目の前が暗い、薄暗い気がする。
もう少し粘るんだ。
しばらくすると本格的な助けが来たらしく、「早く」とか聞こえた気がする。
「うっ・・・うぅぅぅ・・・このタイミング?」と目を開けた。


デジタル時計が6時28分56秒を指していた。
ふぅ、、、目覚ましが鳴り始める1分前に目が覚めたぜ。

なんつーリアルな夢。
目が覚めても手と足と左肩が軽く痺れてたし。
今朝はバイト行く道をかなり慎重に進んだ。特に左側のラインに石が置いてないかどうか。
バイト先の人に夢の内容を喋ってて気づいたが、これ今年初めての夢。
つまり初夢なんですよねぇ・・・
どうやら今年は事故にあうらしい。
しゃーない、なんとかするか。



ここまでが前ふりw

More
[PR]
by paja1206 | 2007-01-13 21:15 | ダビスタ

ダビスタ再開 馬見てたらやりたくなっちゃったヨ

コタツの中にこもってプレイするには携帯ゲーム機は最適なのだ。
コタツ用に古いノートパソコンを調整して、ネットしながらゲーム・・・みたいな。
・・・最近の若い者はだらしがないな。('A`)


おそらく前回ダビスタプレイ日記で書いたはず、4冠牝馬バックダンサー。
その子の活躍。
名前はダンスセブン
つーかもうダンスをつけた名前は品切れ。

ダンスセブン
父Fantastic Light(適正1800~2600m)
母バックダンサー(オークス、秋華賞、エリザベス女王杯2回)

これでNijinskyの4×4
ノーザンダンサーの5×5
というインブリード重視配合。
産まれた子はスタミナと勝負根性に富んでるはず。

1歳の頃からみっちりとダート強でスタミナ強化。
そしてソエ痛
・・・(;゜Д゜)

めんどくさいからここからおまかせ調教。('A`)
期待馬を育てるやり方じゃねぇな

ソエ痛が直ってからは順調に育って9月の新馬戦1800mを8番人気で1着。
こいつに期待してしまっていいのか?
正直ダメかも・・・という感想。

10月2週 サフラン賞(OP)1400m 1番人気1着
12月4週 ホープフルS(OP)2000m 2番人気1着
順調にオープンクラスとなり年越し。
まぁ重賞クラスにはなるだろう。

3月4週 フラワーC(G3)1800m 3番人気1着
よしよし、これで繁殖入り決定。

6月1週 オークス(G1)2400m 6番人気4着
7月1週 マーメイドS(G3)2000m 2番人気12着
10月2週 秋華賞(G1)2000m 3番人気6着
びみょ~だなぁ
秋華賞3番人気と実力はあるようなんだが。
G3では優勝を狙える実力に居ながらG1ではイマイチ活躍できないタイプらしい。

と思っていたら
11月2週 エリザベス女王杯(G1)2200m 2番人気1着
よしよしよし!
これで親子でエリザベス女王杯優勝だ!
これは名牝と呼べる牝系かもしれないぞ。

しかし次に、何を思ったか山藤調教師。
12月1週 ステイヤーズS(G2)3600m
いくらなんでも牝馬にこれはないだろう。
で、2番人気で1着。
オペラオーに勝っちゃったよ・・・。
3歳はクラシックでは勝てなかったけど古馬戦でG1取っちゃった馬。

1月4週 アメリカンJC(G2)2200m 1番人気1着
2月3週 ダイヤモンドS(G3)3400m 2番人気6着
ダイヤモンドS中に軽い骨折を起こし、そのまま引退。
繁殖入りとなった。
おまかせ調教師はホント、ダイヤモンドS好きだな。
しかしステイヤーズSで高人気だったことでスタミナの豊富さがよくわかった。
こいつの子に期待。
ダンスセブンの祖母スネークダンスもダイヤモンドSを勝ってるし、この牝系はスタミナを受け継いでいるらしい。
つーことはスピードを活かせる馬と掛け合わせれば・・・念願の牡馬クラシック制覇なるか?
スピードが足りないからクラシックで負けたはずだ。
ノーザンダンサーの系統は使えないし、アフリートなんかが良いかもしれない。
さらにスタミナ強化にブライアンズタイムもいいかも。

牧場を栄えさせるには牝系の確立が最も大事。
家のうらにわ牧場はスネークダンス⇒バックダンサー⇒ダンスセブンとくるこの牝系。
どれも重賞を勝って、しかもその子も重賞を勝つという名牝。
大事に大事に・・・いつかこの牝系から牡馬クラシック馬を出すッ。
[PR]
by paja1206 | 2007-01-05 23:59 | ダビスタ

まだまだ!まだまだ!

凱旋門、ディープ3着でしたねー。
最後の直線、凄くどきどきしたw

ラスト300mのところで解説が「まだまだ!まだまだ!」と叫んでいたのが印象的。
そうそう、300mでスパートじゃまだ早い。
まだまだ、まだ我慢だ!
ってところで武が仕掛けて最後バテた感じで差されて3着か。
あと50m我慢できれば・・・いや、それでも2着かなー。
ま、見せ場は十分あったので良しってことで。
ハリケーンランに先着できたのも評価を上げる要素になると思う。

後で知ったんだけど、「まだまだ!」の解説は岡部さんだったのか。
いつの間に復帰してたんだか・・・。
[PR]
by paja1206 | 2006-10-03 23:59 | ダビスタ

凱旋門賞のディープインパクト

凱旋門賞、ディープインパクトの単勝に350万円賭けた猛者が出たようで・・・。

マスコミのディープ過剰扱いにはほとほと呆れる。
いくらなんでも英雄視し過ぎ。
JRAが必死すぎるのが見ててなんとも・・・。
これでディープがコケたらJRAもコケるんじゃないだろうか。
いや、ディープがコケてもメイショウサムソンの3冠達成を煽るか・・・。
どっちにしろ名馬を作り上げる宣伝には嫌気が差す。
週刊少年チャンピオンで優駿の門の作者がディープの短編漫画書いてるが、なんだあの中身の無い漫画は。
優駿の門が好きなだけにディープ漫画には呆れた。('A`)
あんな漫画描かせるなよと。
つの丸に描かせれば名作になると思うんだが。


そんな俺はディープ応援します。
ディープがんばれ、超がんばれ。
俺の声、ロンシャンまで届くかな?
[PR]
by paja1206 | 2006-10-01 21:17 | ダビスタ

(ダビスタP)バックダンサーの全弟、その名は・・・

さて、というわけでカーリアン×スネークダンスの牡のお話。
オークス、秋華賞、エリザベスとG1を4勝した全姉が居ます。
わざわざ同じ配合で作っただけあって、かなりの期待馬。
姉のようにクラシック取ってくれ~ と願いをこめてw

さてこの馬の名前はダンスダンスレボリ
期待馬のわりに適当である。

成長コメントは無しだが入厩は遅め、つまり普通遅型。
スタミナは1耐。
これだけで何となくどのレースを勝てるか判ってしまう・・・。

デビューは2歳10月4週の2000m新馬戦。
主戦騎手は柴田善です、先生です。
新馬戦を勝ち、次に挑むは500万下。
これも順調に勝ち上がり。
お、思ってた通り能力は高そう。
というわけで、次に思い切って弥生賞(G2)を選択w
その弥生賞、3番人気で2着!
これで皐月賞の出走権を獲得。
クラシック路線でこの人気なら十分活躍できる。

皐月賞(G1)では2番人気!
ライバルはスペシャルウィーク!
さぁ2番人気だどうなるか?
結果・・・3着
スペシャルが見事な走りを見せ、とても敵わず。

日本ダービー(G1)では3番人気!
スタミナはぐりぐり印。
上手く行きゃ勝てるぜ~~
結果・・・12着
馬郡に埋もれた(;´Д`)
つーかスペシャルが2冠達成。
悲しいのやら嬉しいのやら。
それにしてもスペシャルウィーク、強すぎである。

皐月賞、ダービーと上位人気になったものの、未だ重賞の勝ち鞍がない。
このままでは菊花賞に出れないんじゃ?と思い
ダービーから2週後のエプソムC(G3)に出走。
ようするに勝ちに来たレースです。
当然1番人気。
馬体重は若干軽めだけど、距離が1800mなので気にしなーい。
結果・・・3着
(;゜Д゜)<予想外の展開だ

夏が来る前に重賞に勝てなかったってことは・・・菊に出るためには札幌やら函館やらに遠征して重賞に勝たなきゃならん。
ぐは・・・

ダンスダンスレボリも疲れがたまり気味。
しかし藤枝マジックを使い上向き調子にはしておいた。
勝ちに行ったレースは札幌記念(G2)
ここは1番人気で落ち着いて1着。
よ、よかった~~
これで最後の菊花賞には出れる。(;´Д`)

そして3冠レース最後の1冠、菊花賞(G1)
スタミナタイプで普通遅型ならこのレースは勝ちにいけるはず。
しかし、4番人気・・・あれ?
実は体調があまりよくないのだ・・・。
何とか上向きにはしたけれど、年明けからほぼ休み無しでレースに使っていた影響か。
本調子の5割~6割程度。
これで勝てるのか・・・?あのスペシャルウィークに?

レース開始後見事に中段に取り付く柴田善。
そのまま最終コーナーまでその場から動かず、コーナー途中から前に。
直線に入ってムチが入る。
スペシャルウィークはまだ後方!
残り200m!
ダンスダンスレボリ先頭!スペシャルは!?
スペシャルは沈んだーー!
強い!ダンスダンスレボリ持ったまま!

というわけで1着、見事に初クラシック制覇!!
やっと俺のうらにわ牧場から牡馬クラシック馬が出た・・・(´;ω;`)
しかも普通遅型。
これからが期待できる馬だ!
来年の古馬戦線はかなり期待!

そして次走、ジャパンカップ(G1)
2番人気で2着。
うむ惜しい。
年が明けて
アメリカンJC(G2)
2番人気で4着。

京都記念(G2)
2番人気で4着。

あれ?

何かイマイチ勝てないなと思いつつ。
天皇賞・春(G1)
2番人気
なんだ1番人気じゃないのかよ・・・ってオペラオーか!
1番人気はテイエムオペラオー・・・。
こいつを忘れていた。
今作、古馬G1戦線で最強を誇るオペラオー。
クラシックでスペシャルと戦った後はオペラオーですか、そうですか・・・。

でも勝利(´・ω・`)
ふふふ、オペラオーが沈んでくれてラッキー。

この後、宝塚記念(G1)、天皇賞・秋(G1)、ジャパンカップ(G1)と出走し、見事に天皇賞・秋を制覇。
ダンスダンスレボリは今年の天皇賞馬ってわけだ。
宝塚とJCは惨敗だった。
その後再び天皇賞・春に出走するも2着。
その年の京都大賞典を最後に引退。

菊花賞、天皇賞・春、天皇賞・秋とG1を3つ取ってくれて殿堂入り。
牡馬でG1を取ると種牡馬になれるんだが、その能力はこんな感じ

ダンスダンスレボリ(種牡馬)
距離1800~3000m
成長・普通
ダート○  体質C
気性B  実績B
底力A  安定C

まぁこんなもんかなと。
距離適正が意外と長かった。
あと底力Aも意外。
せっかく種牡馬になってもらったのに悪いけど安定Cじゃ使えない。(´・ω・`)

でもまぁ・・・1頭ぐらい子供作らせてやるか・・・。
[PR]
by paja1206 | 2006-09-13 23:59 | ダビスタ

種牡馬ダンスインザダークから繋がるダンス一家

前回ダンスインザダーク×シーブリーズメロディーの牝馬が、オークス2番人気になるもG1取れず終いだったところまで書いた。
その馬の名前をスネークダンスと言うんだけど、まぁそれは置いといて。
スネークダンスにアンブライドルド(1400m~2000m)を付けてみた。
スピードと血統表内のスタミナニトロ?が組み合わさってダービー勝ってくれるぐらいの馬になってほしいと、そう願って。。。

結論から言うとダービー取れなかった。(;´Д`)
早熟馬でダービー向き、2歳重賞から上位人気に入るなどの期待馬だったのだけど。
うん、なんつーか気性がね・・・。
追込み指示
 ⇒スタートから騎手が上手く抑えて最後尾に
   ⇒200m過ぎた辺りで頭をあげ、かかるように前に
     ⇒そのまま先頭に立つまでスピードを上げる
       ⇒まぁそしたら直線で落ちる(スピードダウン)よな・・・
そんな感じでぱっとしないレースばっかり。
それでもスタミナ豊富だったおかげで、直線落ちながらもしぶとく粘り3着とか多かった。
重賞は青葉賞(G2)、新潟記念(G3)、阪神大賞典(G2)を取ってくれた。
一番輝いてたのが1番人気で青葉賞取ったときかなぁ・・・。
ダービーでも結果を残してくれる、そう思ってたんだけどw 本番で16着とかw
一応スタミナ判定して、1耐えだったのでG1取れるレベルだと思ってたんだが。
やっぱ気性がなぁ・・・。


スネークダンス(自家製牝馬)の子でクラシック制覇は無理なのか。
今一度スタミナの重要性を考え、スネークダンスにカーリアン(1400~2200m)を付けてみた。
カーリアンの距離適正は短距離~中距離だけど、血統表内にはスタミナニトロ?がある。
しかもカーリアン父はあのニジンスキー。
これでスタミナを更に増やす!
と思って種付けしたんですが
種付けしてから気づいたんだけど、ニジンスキーの2×4のクロスなのね?
虚弱体質になるかもしれん・・・orz

そして産まれた牝馬、名をバックダンサーと名づけた。
体質弱くても目立たない重賞取り巻くって賞金稼いでくれや。(´・ω・`)

「とにかく元気で飼い葉をモリモリ食べてます」
(;゜Д゜)!

「とても丈夫で健康な馬です、みっちりと鍛えられています」
(;゜Д゜)!!

マジかよw
2×4で丈夫ってあんたこりゃどういうことよ。
更にスピードコメント、スタミナコメント。スタミナは1耐え。
イケる。こいつはG1級だ。

ただこの時、デビュー前の調教で悩んでて、バックダンサーに対しては試験的な調教をつけてたんだよなぁ・・・。
芝・馬なり ダート・併せ
の2日追いを3連するとか。
あまりにも馬体重の変化が大きかったから春からは従来の強め追いに戻したけど。

そんなわけで競走馬としてデビューしたバックダンサー。
騎手に西田を採用。(これも試験的)
7月1週目の新馬戦を勝ち上がり順調なスタート。
この時期に勝てたの、今まで初めてなんだけどw
その後、勝てないレースが続くも重賞で上位人気になるなど実力の高さを証明。
12月の500万下を勝ってようやくオープンクラスに。
クラシック間に合うかなぁ・・・

スタミナ系ってこともあり、2000mの京成杯(G3)に出馬。
2番人気で見事優勝!!
牡馬に混じって2番人気とは、やはり素質あり。
続いて共同通信杯(G3)
このレースは案外手薄なメンバーで勝ちやすいし、イケるイケるっ!
って1番人気・・・エルコンドルパサー (;゜Д゜)
こ、こいつと同期になったのか・・・。
そーいやエルコは共同通信杯からのローテーション・・・。orz
こちらは3番人気でした。
直線、エルコの1馬身前でムチが入り、続いてエルコも。
あーこりゃ差されるなー 
何とか2着に・・・と思っていたらなんとそのまま1馬身をキープして優勝!!
おおおーーー!!!エルコに勝っちまったよw

そして桜花賞(G1)に出走!2番人気!
どうか!?
結果は3着でした。(´・ω・`)
1番1枠で差し指示したんだけど、スタート良すぎて逃げちゃったんだな。
そして直線で失速して・・・でも残って3着。
勝ったのはアドマイヤグルーヴ
でもレース内容は良い、それにスタミナタイプだしイケるイケる!

そして体調に気を使いながら調教、藤枝マジックを使って上り調子にして、
オークス本番。
1 番 人 気 !
キタ。
ついにオークス(G1)で1番人気。
母スネークダンスが成し遂げれなかったオークス制覇・・・なるか!?
敵はアドマイヤグルーヴでもスティルインラブでもない。
1番人気の敵は自分自身!
自分の競馬をすりゃ勝てるんだよー、落ち着けー
思いが通じたのかバックダンサーは中段やや後ろに位置取り、よく折り合ってる。
そして直線、外に持ち出し・・・!!
あとは突き放すばかり!!
2着に6馬身差をつけ見事優勝ーー!!
やっとだ(ノ∀`)
自分で調教してG1取るってすげぇ嬉しい。
初のオークス制覇。そして久しぶりのG1制覇。

体調が良かったので宝塚記念(G1)にも出したけど、2番人気4着。
もう賞金稼ぎに新潟や、札幌でレースに出る必要も無い。
後は秋に向かって体調を整えるだけ。

そして秋華賞(G1)
フフフ・・・1番人気だ。
雨でやや重だったけど、スタミナ豊富なバックダンサーにとっては好都合。
慌てるところなく、優勝。
3歳クラシック2冠。

次いでエリザベス女王杯(G1)
1番人気。
追い込み指示で3番手を取ってしまう競馬だった。
でも強い馬ってどんなレース運びしてもね。フフフ。(*´∀`)
直線で馬郡の中から抜け出し、4馬身差で優勝。
これで牝馬3冠!

その後、有馬記念(G1)に2番人気も4着。
春には日経賞(G2)を1着。
そして、最後の冠。

ヴィクトリアマイル(G1)
2番人気。
9着・・・orz
直線で不利を受けて、こりゃマズイと思ったんだけど、結局ムチ入れても後ろから来た馬に抜かれてた。
やっぱマイルは合わないんだなぁ。
もったいないけどしょーがないw

札幌記念(G2)で重馬場にもかかわらず簡単に優勝。
そして2回目のエリザベス女王杯(G1)
1番人気。
このレースが最後の牝馬限定レースだ。
がんばれバックダンサー。
もうすっかりG1勝つことに馴染んだのか、中段に構え直線で抜け出す横綱相撲。
それでも力の衰えからかアタマ差の優勝。
これで牝馬4冠!

最後にジャパンカップ(G1)
3番人気で10着。

そして年明けに引退しました。
いやぁー良い馬だった。(*´∀`)
本当に久しぶりに殿堂入りした馬が出来た。
無駄に年数進めてるとは言え、実に450年ぶりの殿堂馬
牧場のおっちゃん、推定500歳。
やっと強い馬を作れるようになった。

そしてバックダンサーが引退した年、その春。
牧場で1頭の子馬が産まれた。
父カーリアン、母スネークダンス
バックダンサーの全弟である。

ダダダダン、ダン、ダダダダン、ダン・ダン・・・(つづく)
[PR]
by paja1206 | 2006-09-04 23:59 | ダビスタ

ダビスタP・ブリーダズカップ(BC)

b0023812_2294285.gif


b0023812_2295166.gif

ダビスタ日記が地味に人気あるようで。
それならばとカテゴリに「ダビスタ」を追加。
今までのダビスタ日記はそこにまとめときました。
自家生産馬だけでBCをやってみたんだけど、初期に牝馬G1を3つ取った「ジュリエ」
そして最近G3・G2で活躍した「ドミニク」
うちの数少ないBC登録場ではこの2頭がトップクラスだった。
1600m、2200m、2400m、3200mと4レースやって
1600ではジュリエが優勝、そして2着ドミニク
2200ではドミニクが優勝、そして2着ジュリエ
2400では伏兵グランドムーン(マイルCS・2着@1番人気)が優勝、2着ドミニク
3200では伏兵エンデバー(有馬記念・1着@5番人気)が優勝、そして2着ドミニク
と、実力が拮抗しております。
距離適正の幅でドミニクが勝ってる感じ。
ジュリエはともかくドミニクは1番人気のJCが終わったすぐ後にBC登録してるから、ドミニクの能力は絶好時のはず。
意外だったのが1600でドミニクが2着だったこと。
1600級の重賞で勝ちまくった馬より長距離で活躍したドミニクが2着に来るとは本当に意外。

そうそう、ついにオークス2番人気でスピ・スタ印がぐりぐりの馬を作ることが出来た。
ダンスインザダーク×シーブリーズメロディー(ディープの母)という配合。
ちなみに勝負根性はG2級で無印になる根性無しだ。
レースは着外だったけど・・・(大外枠スタートで撃沈)
オークス、秋華賞で2番人気だったがいずれも着外という不本意な結果に終わった。
でも中~長距離の重賞は勝ちまくる。そんな馬。
牝馬だけどダイアモンドステークス(G3・3400m)を1番人気で勝利したスタミナに優れた馬だ。
繁殖牝馬で大事なのはスピードとスタミナというので、オークスで印ぐりぐりだったこいつには期待している。

どうもダンスインザダーク産駒は良く走るイメージがある。
スピードはイマイチ乗り切らないけど、スタミナに関しては問題ない。
まぁ、ダンスの種牡馬能力は距離適正が1800~3000mなので、それに忠実と言っていいだろう。
スピードをつけようと思ったら1200~m級の馬をつけなきゃならんだろうな。
ともかく、G3程度のレベルでは十分活躍できる馬を作れる。
スペシャルウィークの子もこのぐらい(重賞級)走ってくれたら嬉しいのに・・・。
期待してる牝馬にスペシャルつけても駄馬しか産まれないのが悔しい。

またこの馬の半弟、アンブライドルズソング×シーブリーズメロディはクラシックの前哨戦では活躍してくれた。前哨戦では。
なんで本番回避なんだよ藤枝・・・。
G1は勝てないが目黒記念などの地味なG2を勝ちまくってくれた。
それはもーいいから、G1勝てる馬を・・・
それでも最近はG2級でも勝ちまくる馬が多数出てるので、G1勝つのも時間の問題。

とりあえず、オークス2着馬に短距離こなせる種馬をつけてみようと思う。
こいつでクラシック制覇・・・。
[PR]
by paja1206 | 2006-09-02 23:59 | ダビスタ

メダルコレクター(ダビスタP)

ちまちまダビスタやってるんだけど、スピードコメントが出なかった馬が活躍するパターンがある。
(サドラーズウェルズ×ロマンシングストーン)×ブライアンズタイムの牡が、スタミナ、底力、父似、体質弱のコメントだった。
血統表内にスタミナのニトロが多いのでスタミナはあるだろうと思っていた。
もちろん入厩は1歳9月。ダートと芝の単走強めを30本ずつやった。
上手く行けばダービーや菊を取れるかなぁなんて思ってたんだが、中々上手くいかないもんで。
ドミニクと名づけられたこいつは3歳1月にデビューして新馬、500万下と順調に勝ち進んだは良いけど、屈腱炎orz
放牧に出して半年後、ようやく復帰。
もうクラシックは無理。('A`)
藤枝先生にお任せで預ける⇒少しハ行気味ですね⇒1ヵ月後、屈腱炎。

このヤロウ・・・。

続きを読むには
Moreをクリック↓

More
[PR]
by paja1206 | 2006-08-31 23:59 | ダビスタ