ダビスタP日記 名牝スネークダンス ~7代目の悪夢~

高速道路をバイクで走ってたんですよ。
左側のライン沿いに左カーブを曲がってたら、こぶしぐらいの石に乗り上げてバイクが吹っ飛んだ。
いや、吹っ飛びそうになってハンドル操作でなんとかしようとしたら吹っ飛んだ。
地面をガリガリ削りながら滑るバイクと同じ速度で地面を滑った。
ビックスクーターなので、バイクに足を挟まれること無く、手もハンドルから離れてたけど、体感的にはバイクと同じ速度で滑ってた。
目線は地面すれすれで、後続車が見えた。
そのまま地面に体をこすりつけながらガードレール?に背中からぶつかった。
痛い。ガーーンッ!という衝撃を受けた。
バイクががしゃーーん!とはじける音を聞き終わって、やっと状況把握するために頭を働かせることが出来た。
後続車から人が降りてきて、「大丈夫か!?」と聞いてきた。どうやら男の人。
「だ、だいじょうぶです」と答えたものの・・・答えてから手と足がしびれて感覚が無いことに気づいた。
男の人が「助ける」みたいなことを喋ってたけど、はっきりとは判らん。
じわじわと意識が落ちてきて、「うぅぅ」みたいなうめき声を出してたみたい。
左肩を地面につけるように倒れこんでいったような気がする。
でもまだ早いと思った。
体が痺れて動かない。
まだ。もうちょっと。
目の前が暗い、薄暗い気がする。
もう少し粘るんだ。
しばらくすると本格的な助けが来たらしく、「早く」とか聞こえた気がする。
「うっ・・・うぅぅぅ・・・このタイミング?」と目を開けた。


デジタル時計が6時28分56秒を指していた。
ふぅ、、、目覚ましが鳴り始める1分前に目が覚めたぜ。

なんつーリアルな夢。
目が覚めても手と足と左肩が軽く痺れてたし。
今朝はバイト行く道をかなり慎重に進んだ。特に左側のラインに石が置いてないかどうか。
バイト先の人に夢の内容を喋ってて気づいたが、これ今年初めての夢。
つまり初夢なんですよねぇ・・・
どうやら今年は事故にあうらしい。
しゃーない、なんとかするか。



ここまでが前ふりw



というわけでダビスタ日記です。

我が「うらにわ牧場」最大のピンチが訪れようとしている!(らしい
ぶっちゃけ何代も重ねてきた牝系が途絶えそうです。たすけて。
現在残ってる牝馬、ウラニワダンサー 12戦1勝。
い、今まで重賞を勝てなかった牝馬が残ることは無かった・・・。
成績が悪い牝馬は売り払うなどして処分してきたからだ。
だって牧場狭いから邪魔なんだよな。それに生活費かかるし。
残した牝馬は必ず重賞勝ち星をあげてる馬。
そのほとんどがG1勝ち馬だ。

その牝系の歴史をたどってみよう。
まず初代自家製牝馬、スネークダンス。
母はシーブリーズメロディ、父はダンスインザダーク。
当時ダンスインザダークという種牡馬の子が好成績を残していたので、その恩にむくいるために産まれて来る子には「ダンス」をつけようと決めていた。
以下名前の前につけている数字は世代を表す。
①スネークダンスは21戦8勝、うち重賞4勝という優秀な牝馬だった。
競走馬として優秀なだけでなく、繁殖牝馬としても活躍馬を出してくれた。
子は3頭。
②リンボーダンス 14勝5勝 重賞3勝
②バックダンサー 18戦10勝 重賞8勝 うちG1を4勝(オークス、秋華賞、エリ女王*2)
その全弟の
②ダンスダンスレボリ 21戦8勝 重賞6勝 うちG1を3勝(菊花賞、天春、天秋)

このうち牝馬は②バックダンサーのみだったので、必然的に子孫は②バックダンサーの子ということになる。
③A ダンスセブン 12戦7勝 重賞4勝 うちG1を1勝(エリ女王)
③B コシフリダンス 16戦5勝 重賞2勝 うちG1を1勝(朝日杯JF)
優秀な③代目牝馬が2頭居たので、ここで牝系をAとBグループに分岐させることにした。

④A ダンダンダンス 14戦7勝 重賞5勝 うちG1が2勝(エリ女王、JCダート)
④B ダンスステップ 24戦9勝 重賞4勝 うちG1が1勝(ヴィクトリア)

⑤A フォークダンス 20戦5勝 重賞1勝
⑤B ダンスダンシング 5戦3勝 重賞1勝
ここで若干のトラブル発生。
⑤A フォークダンスが引退からわずか3年で死亡。
⑤B ダンスダンシングは2歳時の評価が高かった期待馬だが、屈腱炎を発生し、ちょうど繁殖シーズンだったこともあり現役引退させ繁殖へ。
⑤Aグループはここで途絶えることとなる。

以下全てBグループ
⑥A シムシティ 22戦6勝 重賞3勝 うちG1を1勝(エリ女王)
⑥B フレンチダンス 競争成績未登録
⑥シムシティは期待されてない馬だった。よって名前にもダンスの名が入っていない。
⑥フレンチダンスは重賞を勝つことが出来なかったので未登録。
そしてここで悲劇は起こった。
シムシティは順調に繁殖生活を送ると思われたが、わずか1頭の牝馬を残し死亡。

⑦A サンライズダンス 現役
⑦B ウワニワダンサー 12戦1勝

我がうらにわ牧場最大の危機・・・
サンライズダンスが重賞に勝てなければ6代続いてきた名牝(ここでは重賞を勝てる牝馬の意)系が途絶えてしまう。
すでに血統表にはダンスインザダークの名前は無い。
④B ダンスステップの名前が血統表に存在する最古の記録。

ちなみに牧場の資金は4億円しかない。先日30億円のサドラーズウェルズを購入したため。
さぁ・・・
ここから再び返り咲くことが出来るかどうか。
全ては⑦B ウラニワダンサーの血の可能性にかかっている。

真剣に⑦B ウラニワダンサーの血統表を見ていると、利点に気がついた。
⑦B ウラニワダンサーには父母父にNijinsky、母父父にMr.Prospectorの血が存在している。
すなわち3代前ですから、3*4=18.75%という奇跡の血量が狙いやすいわけです。
Nijinskyは長距離+底力
Mr.Prospectorは速力+底力
という優良な血。
こいつを生かせれば良い子が産まれる可能性があるッ!!

⑦B ウラニワダンサーの交配相手候補
1.エンドスウィープ Mr.Prospector 3*4 NorthenDancer 4*5

2.タイキシャトル Halo 3*4 Nijinsky 4*4

3.コマンダーインチーフ NorthenDancer 4*5 Hail to Reason 4*5 Raise a Native 4*5

4.スペシャルウィーク サンデーサイレンス 2*3 Nijinsky 4*4

5.ジェイドロバリー Mr.Prospector 2*4 Nijinsky 3*4

6.スキャン Mr.Prospector 2*4 Nijinsky 3*4

といったところ。
とりあえず値段の高い順でミスプロかニジンスキーの高密度クロスを狙えるところをあげてみた。
さっそく種付け。
上位2頭は品切れだったのでコマンダーインチーフをつけた。
配合のおっちゃん「おお!これは考えたな!」

(´・ω・`)なにが?

勝手に考えた配合が成立してた。ラッキー。
そして期待。
産まれた子は牝馬!
今入厩したところ。これからの活躍に期待。
命名:ダンスハオワラナイ

次年度
エンドスウィープを種付け
産まれた子は牝馬!!
順調に成長中
命名:スリープダンス

次々年度
スキャンを種付け
現在母体の中で成長中。
牡馬ならスキャナープリンタ
牝馬ならダンスデスキャンダル

NijinskyとMr.Prospectorの3*4が両方成立してれば理想なんだが、まぁそんな種牡馬おらんだろう。
スペをつけた場合のサンデーサイレンスの2*3が凄く気になる。

⑦A サンライズダンスが現役で走っていたので一度書き上げるまで存在を忘れていた。(文章の矛盾点を修正)
こいつが繁殖に上がればそちらの可能性も見えてくる。
[PR]
by paja1206 | 2007-01-13 21:15 | ダビスタ
<< 最近気になったこと 浦島太郎inリネージュ >>