さっむ~~ッ!

早朝から消防団の出初式に出たんだが、雪+強風=吹雪で気が狂いそうになった。
ペンギンが寒さに耐えるように「休め」の姿勢で1時間半。
太陽は雲に隠れ、演説している町長の帽子が風に飛ばされ、祝辞のカンペが空を舞った。
誰もが体を強張らせ、凍えた吐息を吐いていた。
その1時間半、ペンギンが日の出を待って我慢している姿を想像していた。
もうちょっと長ければ気が狂っていたかもしれない。
そのぐらい寒かった。

よりによってめったに降らない雪が今日とはなぁ・・・
約200人が寒さに耐えるペンギン化。南無三。
[PR]
by paja1206 | 2007-01-07 22:26 | 日常日記
<< こ、コタツ・・・ ダビスタ再開 馬見てたらやりた... >>