(ダビスタP)バックダンサーの全弟、その名は・・・

さて、というわけでカーリアン×スネークダンスの牡のお話。
オークス、秋華賞、エリザベスとG1を4勝した全姉が居ます。
わざわざ同じ配合で作っただけあって、かなりの期待馬。
姉のようにクラシック取ってくれ~ と願いをこめてw

さてこの馬の名前はダンスダンスレボリ
期待馬のわりに適当である。

成長コメントは無しだが入厩は遅め、つまり普通遅型。
スタミナは1耐。
これだけで何となくどのレースを勝てるか判ってしまう・・・。

デビューは2歳10月4週の2000m新馬戦。
主戦騎手は柴田善です、先生です。
新馬戦を勝ち、次に挑むは500万下。
これも順調に勝ち上がり。
お、思ってた通り能力は高そう。
というわけで、次に思い切って弥生賞(G2)を選択w
その弥生賞、3番人気で2着!
これで皐月賞の出走権を獲得。
クラシック路線でこの人気なら十分活躍できる。

皐月賞(G1)では2番人気!
ライバルはスペシャルウィーク!
さぁ2番人気だどうなるか?
結果・・・3着
スペシャルが見事な走りを見せ、とても敵わず。

日本ダービー(G1)では3番人気!
スタミナはぐりぐり印。
上手く行きゃ勝てるぜ~~
結果・・・12着
馬郡に埋もれた(;´Д`)
つーかスペシャルが2冠達成。
悲しいのやら嬉しいのやら。
それにしてもスペシャルウィーク、強すぎである。

皐月賞、ダービーと上位人気になったものの、未だ重賞の勝ち鞍がない。
このままでは菊花賞に出れないんじゃ?と思い
ダービーから2週後のエプソムC(G3)に出走。
ようするに勝ちに来たレースです。
当然1番人気。
馬体重は若干軽めだけど、距離が1800mなので気にしなーい。
結果・・・3着
(;゜Д゜)<予想外の展開だ

夏が来る前に重賞に勝てなかったってことは・・・菊に出るためには札幌やら函館やらに遠征して重賞に勝たなきゃならん。
ぐは・・・

ダンスダンスレボリも疲れがたまり気味。
しかし藤枝マジックを使い上向き調子にはしておいた。
勝ちに行ったレースは札幌記念(G2)
ここは1番人気で落ち着いて1着。
よ、よかった~~
これで最後の菊花賞には出れる。(;´Д`)

そして3冠レース最後の1冠、菊花賞(G1)
スタミナタイプで普通遅型ならこのレースは勝ちにいけるはず。
しかし、4番人気・・・あれ?
実は体調があまりよくないのだ・・・。
何とか上向きにはしたけれど、年明けからほぼ休み無しでレースに使っていた影響か。
本調子の5割~6割程度。
これで勝てるのか・・・?あのスペシャルウィークに?

レース開始後見事に中段に取り付く柴田善。
そのまま最終コーナーまでその場から動かず、コーナー途中から前に。
直線に入ってムチが入る。
スペシャルウィークはまだ後方!
残り200m!
ダンスダンスレボリ先頭!スペシャルは!?
スペシャルは沈んだーー!
強い!ダンスダンスレボリ持ったまま!

というわけで1着、見事に初クラシック制覇!!
やっと俺のうらにわ牧場から牡馬クラシック馬が出た・・・(´;ω;`)
しかも普通遅型。
これからが期待できる馬だ!
来年の古馬戦線はかなり期待!

そして次走、ジャパンカップ(G1)
2番人気で2着。
うむ惜しい。
年が明けて
アメリカンJC(G2)
2番人気で4着。

京都記念(G2)
2番人気で4着。

あれ?

何かイマイチ勝てないなと思いつつ。
天皇賞・春(G1)
2番人気
なんだ1番人気じゃないのかよ・・・ってオペラオーか!
1番人気はテイエムオペラオー・・・。
こいつを忘れていた。
今作、古馬G1戦線で最強を誇るオペラオー。
クラシックでスペシャルと戦った後はオペラオーですか、そうですか・・・。

でも勝利(´・ω・`)
ふふふ、オペラオーが沈んでくれてラッキー。

この後、宝塚記念(G1)、天皇賞・秋(G1)、ジャパンカップ(G1)と出走し、見事に天皇賞・秋を制覇。
ダンスダンスレボリは今年の天皇賞馬ってわけだ。
宝塚とJCは惨敗だった。
その後再び天皇賞・春に出走するも2着。
その年の京都大賞典を最後に引退。

菊花賞、天皇賞・春、天皇賞・秋とG1を3つ取ってくれて殿堂入り。
牡馬でG1を取ると種牡馬になれるんだが、その能力はこんな感じ

ダンスダンスレボリ(種牡馬)
距離1800~3000m
成長・普通
ダート○  体質C
気性B  実績B
底力A  安定C

まぁこんなもんかなと。
距離適正が意外と長かった。
あと底力Aも意外。
せっかく種牡馬になってもらったのに悪いけど安定Cじゃ使えない。(´・ω・`)

でもまぁ・・・1頭ぐらい子供作らせてやるか・・・。
[PR]
by paja1206 | 2006-09-13 23:59 | ダビスタ
<< イヤリングイベント最終試練 YouTubeって何でもあるのな >>