イミューントゥハームの凄さを真に実感した

余りにも凄い。

何が凄いって?

イミューントゥハームだ

ちょっと凄さを体験できる場面に遭遇したので、詳細を書いてみる。
もちろん狩りの話なんだけど、余裕がなかったのでSSは無い。
まぁ想像してくれ。

FIの森の中で、KBBとDEが出たのでまずKBBを食った。
DEは画面左上に出現してたが、画面外から矢を撃ってきたので、COCを打とうと2~3歩前に出たんだな。
そして射程に入った瞬間にCOCを放った。
すると、
画面左にブルート、サイクロ、KBB。
左下にトロール、DEが沸いたんだよ。
見えた瞬間にブルートがぶひぶひ言ったので、ヘイストブルートだね。
まだ左上のDEと交戦中で、しかもサモンは左上のDEに行ってしまっている。

これはヤバイと感じ、即座に身を翻し、数歩右に移動しつつイミュン。
もうね、本気でヤバイと。
ああ、上手く伝えられないかも知れないが、以前死んだ時を思い出し、同じパターンと遭遇したと想像してくれ。
血の気が引くだろう?そんな感じだ。
俺も「死ぬかも」と思った。
しかし、左下にDEが居る限り、逃げることは出来ない。
ならイミュンを使って、最初のBOXを数秒耐えれるようにするしかない。
後は戦いの中で出来ることをやるしかないんだよ。

そして最初のイミュンを使い、ディレイの2秒間、状況を把握する時間に使った。
確認だ。
サモンは左上のDEを攻撃しに、画面の最も左上まで移動している。
ここからではサモンのケツしか見えない。
そしてヘイストブルートが物凄い速度で接近して、俺を殴り始めている。
そして、KBB、サイクロ、トロールと、すぐそこまで近づいて来ている。

よし、確認は出来たな。
ヘイストブルートが俺を殴り始めた時、イミュンのディレイが切れた。
この瞬間を見逃さずにブルートにスローだ。
さらに1秒ディレイが発生する。
この間に移動速度の速いKBB、そしてサイクロ、トロールが俺を囲っていた。
さぁ、もう逃げられない、下手に逃げれば死ぬ。
戦うしかない。

この時、「とにかく相手の攻撃量を減らさねば負ける」と感じた。
何でもいい、有効な攻撃魔法を打たねば。何かないか?
あった。直感がその魔法を告げた。
そして素早くSCを3番に切り替え・・・F-W、いや、F-Sを選択した。
F-Wではダメだ、消費が激しいうえに囲まれた状況では不効率だ。

b0023812_1222272.jpg





使用例

F-Wは直線の魔法だ。
だから、モンスターが1列に並んでいる時に最も効果を発揮する。

話を戻そう。
そしてトロールを殴りながらF-Sを2発打った。
即座にヒール。
まだ俺は生きている。

トロールは倒した。
そして次はKBBに殴りかかった。
この間にもHPはガンガン減って行き、「やばい、MPはもつのか!?」
危機感を感じた。
左手で白POT、右手のマウスでヒール。
POTとヒールを交互に使いながらKBBを攻撃する。
「武器を持ち替える暇が無い!」
もうずっとSOMで攻撃し続けているが、あれから何秒経った?
わからない、必死だったから。
そして、傷ついたサモンが戻ってきた。

わずかな希望が沸いた。
よし、後は耐えれば勝てるか?
F-Sでまとめて焼き払った影響で、サモンはサイクロに攻撃を始めた。
KBBかブルートが良かった。そう思える余裕が少しはあった。
自身のターゲットをサイクロに移し、ひたすら早く倒れてくれと念じる。
このとき、最初のイミュンが切れようと・・・いや、まさに切れた。

MPは残り100と少し。
ここで2度目のイミュンを唱える。
これでMPは100を切った。
ああ、MPが切れるのが先か、敵を倒すのが先か・・・
だが内心、「POTの差で勝てる」と直感が告げていた。
白POTの残量はわからなかったが、最低でも5個あるはずだと確信していた。
そしてオレンジPOT、赤POTも多少持っているのもわかっていた。
残りのMPをどう使うべきか・・・
そう思ったときにはもう、3度目のF-Sを放っていた。

これがサイクロにとって致命的ダメージとなり、タフだった奴は倒れた。
ヒールにもMPを使い、MPが残り10の時だった・・・。
次にサモンはブルートに取り付いた。
わずかな隙間に体をねじ込み、俺もブルートを殴り始めた。
MPが、戻った。
直後、ブルートが倒れる。
吸い取ったMPはたった30だったが、気持ちは満たされていた。
残る敵は手負いのKBBとDE1匹。
「勝った」
そう確信したが、まだ油断は出来ない。
KBBを倒し終え、残るDEを近くの木を使って寄せる。
そして、全てが終わった・・・。

b0023812_1203057.jpg





勝てた・・・。


沸いた瞬間、物理的に無理だと思った。
死のイメージさえ浮かんだ。

しかし、イミュントゥハームの威力は凄まじかった。
予想を超える耐久力を見せてくれた。

これほどとは・・・死ぬと思った戦況をひっくり返すとは・・・。

まさに”奇跡の魔法”

そして勝利した俺には、興奮が残った。
クラチャで報告するほどに興奮していた。

あぁ、持っててよかった、イミューントゥハーム。
                               ~Good END~



あとがき
SS撮ってれば必死さも判りやすく伝わっただろうが、残念。
仕方が無いので文章だけで伝えてみた。
あと、新しく”スキル編”というカテゴリを作ったので、一応この記事もスキルかな~?と思いスキル編にアップしておく。
あぁ~怖かった。
[PR]
by paja1206 | 2006-05-18 23:59 | スキル編
<< イミューントゥハームの凄さを実... グレートキュノタウルスは***... >>