天才型なんて1年に一回も見れねーよ

昨日のこと
パワプロの話ですが、サクセスモードで天才型が出ました。
初めて見ました。
初期能力
139km//h
コントロールD:120
スタミナF19
初期変化球
スライダー1
シュート2
そしてセンス○でした。
びびりました。
天才型は500人に一人の確立らしいです。
今まで選手育成100人ほどやってきましたが、天才型が出た瞬間、体が固まりました。

先発育成の時によく使っている育成理論を用いて育てることにした。
先のジョンソン君も同じ育成理論で育てた。
順調に育ってました。
超ラッキーなことに、特殊イベントで運よくノビ4を取得し、この調子なら160km/hも軽く超えるだろう大器でした。

途中で負けてはならない紅白戦で負けて
ゲームオーバーになりました。

涙で枕がぬれました。



今日のこと
昨日の天才型は忘れて、センス×スタートでオールAの外野手を作ろうと思いました。
気分転換です。
ピッチャーを作ったら次は野手が気分転換の方法なのです。
20分ほど初期能力を見てリセットを繰り返してました。
突然見慣れないステータスが出ました。
ミートF:2
パワーD:80
走力D
肩力D
守力E
エラー回避E
センス○

どこからどう見ても天才型でした。
野手を育てる場合、試合で何本HR打ったかが能力に大きく影響します。
まずパワーをAまであげてHRを打てるように育てました。
パワーヒッターも覚えさせました。
今回も好調です。
ダイジョーブ博士が来てもいい様に神龍石も買いました。
このまま育てばオールAにAH、広角打法などなど特殊能力4~6つは確実だろうと思ってました。

・・・また紅白戦に負けました。
ゲームオーバーです。

涙で前が見えません。
おわり。


へたれ過ぎるオレガイル


実況パワフルメジャーリーグというのが5月11日に発売らしい。
買おうかしら。
[PR]
by paja1206 | 2006-04-23 21:18 | 日常日記
<< 悲しい夕飯 ジョンソン成らず >>