回想記 その1

回想記
リネージュを始めたあの頃。
まだベガサーバにDKは存在していなかった。
当時、ベガが誕生して2週間か3週間後だったと思う。
何か面白いパソコンゲーム無いかなと、机をあさっていた時
ふと、「そういえばヤフーBBのルータにゲームがついて来ていたな」と思い出した。
半年も前のことなのに、そのCDの事を覚えていた。
確かディスクの表面には男WIZが写っていたっけ。

ネットゲームなんてやったこともなく、右も左もわからずに、とりあえず男WIZにPajaと名づけてスタート。
初めて喋った言葉が歌う島の初心者インストラクターに向けて「ありがとう」だった。(笑)
キャラクターの性質がわかってきて、2度ほどPajaを作り直したっけ。
全部男WIZだった。
ウィザードが自分に向いてると思ってたから。
始めはオーク倒すのも必死だった。
というかイノシシにあっさり倒された。
「うわっ イノシシ強い!」なんて喋ってたっけ。
カカシなんて知らなかったから、レベル1から4の半ばぐらいまではウサギや鹿、カエルやゴブリン何かを倒していた。
エネルギーボルトとヒールを覚えてからは、オークにも手を出すようになった。
話せる島で初めて出会ったゴーレムに驚いて逃げ周ったこともある。
逃げてる途中、クモに襲われて、その後しばらくクモ恐怖症になったなw
友人と狩りしてるときも、「クモが出たらすぐにランテレ出来るように一言「k」って言おう」と決めた。
「クモ討伐隊募集~」とジャイアントスパイダーを相手に戦いを挑もうとしている人たちは羨望の的だった。
歌う島で魔法ライトニングを使っていた人に「凄いですね」なんて声をかけたりして、その人に色々教わった。
Lv12までの魔法を全て覚え、ある程度自身がついたのでメインランドに行くことにした。
初めて乗った船には興奮したよw
メインランドを知ってからは、世界はこんなに広いのかと驚いた。
そして、村の掲示板を見るようになってクランの存在を知った。
最初に入るクランだから、しっかりした所を選ぼうと思って全チャをずーっと見てたな。
当時、まだβ版でしたから、Lv15から全体チャットが可能だった。
バグとか報告するのに全チャが使われてた。
そして、コレだと思ったクランのプリにwisを送って、快くクランに迎えてもらえた。

色々教わって、試練のことも知った。
今は無くなった旧試練でSOMを手にしたけど、全然当たらなくてゴミだと思った。
しばらくロングソードで狩をしてた。
進められて蟻穴にも行ったけど、とてもじゃないけど無理だと思った。
子アリで精一杯。GASが画面に見えたらすぐランテレしてた。
この狩場は合わないと思って、相変わらず砂漠の端っこで弱いモンスターと戦ってた。
骨セットは安くなり始めた時期で、骨盾が15k程度だったかな。
今ではゴミ当然のアイテムだけど、初心者時代はみんな重宝していたはず。
その装備で、ZELを買い集めてTシャツの強化をしたり、WIZセットを購入してZELを張ってた。
でもクランのナイトが「刀にDAI張ったら世界変わった」と言ったのがきっかけで、ZELよりDAIの方が重要じゃないかと思い始めた。
そこで、DAIを集めることに変更した。
防具は中途半端に強化されたままだったけど、武器を強くしたらヒールが使えるWIZは効率よく戦えると思ったから。
そしてDAIをSOMに3枚張ったところで世界が変わった。
今まで無理だと思っていた蟻穴が、簡単な狩場に変わった。
宝石、BP、B-Tele、GP、その全てが商売に使えるアイテムで、お金もすぐにたまって+6SOMが完成した。

レベルも30ほどになると、ハイネに行くようになった。
でも、丁度アップデートでハイネが沸くようになってて、何度も死んだ。
やっぱり蟻穴が安全だと切り替えて、蟻穴にこもるようになった。
防具もFULL-ZELになり、狩場の範囲は広がってたんだけど、手堅く稼げる蟻穴が一番気に入ったのさ。
レベルも40を超えた。
でもその頃、リネージュが課金制になったんだ。
課金して続けることにしたのだけど、大学に入学って事もあってしばらくリネージュから離れた。
そして6月ごろに復帰した。
前に居たクランは解散していた。
でも新しいクランに入る気はしなかった。
そのまま単騎で蟻穴にこもって、レベルも44になった。
ふら~っと歩いていたグルーディンで、四月に降る雪血盟のプリと出会った。
名前が水乃星透子。
好きな小説に出てくる登場人物の名前だった。
クランの名前のセンスも気に入って、声をかけてみたら小説の話ですぐに盛り上がった。
そのまま四月に降る雪血盟に入ったのだけど、まさか何年も居つくことになるとは・・・。
当時四月クランに居て、その後長くリネを続けてるのは駆け出しナイトのDesaと、頼りないエルフのエフィメラ。
しばらくして、流王やスノーライト、和臣が加入して、楽しいクランになった。
クラハンが盛んで、クランHPも細工が素敵だった。
クラン員で毎日回してた日記も楽しかった。
その日記はクラン以外の人も見てくれてたようで、好評だった。

1年半ほど四月クランで過ごした。
だんだんと人も減って、それぞれの事情でリネを離れていった。
Desaも有名戦争クランに入って、狩りを続けてLv50になっていた。
しばらくして、クランを離れた。
Lv50WIZの石田晴子に憧れたから、自分もLv50を目指そうと思った。
そしてリネージュ公式からクランのリンクを見て周って、
Meditation血盟を見つけた。
そこの盟主の日記が面白くて、その輪の中に入りたいと思った。
便箋を送って、加入することになった。
でも丁度リアルで頑張らなきゃならない時期で、加入したはいいけどリネから離れて行ってしまった。
半年ほどたって、再びリネージュに戻った。
きっかけはエフィさんが書いていた四月クランの日記だった。
「こんなことがあったよ~」ぐらいの気持ちで書かれていた日記だった。
それを見るまで、リネージュに戻ろうとは思ってなかった。
リネージュ2も出てることだし、そっちも良いかな何て思ってた。
でも、エフィさんの日記を見て「リネージュってこんなに楽しかったんだ」って思い出したんだ。
だから戻った。
そしてLv49だった俺はLv50を目指すことにした。
回線もADSLから光ファイバーになって、切断死もラグも無くなってた。
その後はblogに書いてあるように、Medi血盟の幻人とFIに行くようになった。
毎日0.5%の経験値を稼いで満足していた俺を見て、「手伝ってやるか」って感じでFIに誘ってくれたんだと思う。

そしてリネージュに出会い、4年と2ヶ月・・・
ついにLv52を達成した。
四月クランに入った当時、Lv52を達成した人はDKプレイヤーと呼ばれ、羨望の対象だった。
PTの中に一人DKが居れば、安心感があったし、他のPTとすれ違うときに自慢したい気分だった。
当時のDKプレイヤーというのは本当にカッコよかった。
強くて、頼りになって・・・。
俺はそんなDKプレイヤーになりたかった。
PTに一人居れば他のみんなが安心できるようなDKに。
2006年3月13日、もうDKに憧れてから3年半経ったのかな。
ついにLv52を達成して、DKになれた。
俺は、自分が憧れたDKプレイヤーになれたのだろうか・・・。
もしあの時、四月クランに入って居なかったら。
もしあの時、エフィさんの日記を読んでいなかったら。
もしあの時、幻人と狩りに行っていなかったら。
多分、今のような気持ちでLv52を迎えることは出来なかったと思う。
あの時出会った仲間が居たからこそ、憧れのDKプレイヤーになれたと思ってる。
画面を見るとそこにはDK-WIZがいる。
それは自分が憧れたDKであり、自分がそのDKなのだと、そう思いたい。

さぁて、明日からもこのリネ日記を読んでくれてる人が「リネージュって面白い」と思ってくれるような日記を書くかな。
[PR]
by paja1206 | 2006-03-14 23:59 | リネージュ日記
<< 華麗な前衛DK-WIZ参上!そ... 念願のDKへ >>