普通じゃないぞ

久々に早く帰ってみたら、JR福知山線で起きた事故のニュースをやってました。
2両目がぺしゃんこに潰れてるのを見て、これは普通じゃないと。
こんな大惨事の列車事故なんて、少なくとも二十歳そこそこの俺は知らん・・・。(スペインのテロを除けば)
ニュースを見てて、唇が紫になって手が小刻みに震えてしまいました。
普段、電車をよく使われる方にとって、この事故は恐怖でしかないし、
普通じゃないこの事故が起きた原因を考えると、考えるのが恐ろしい。
そしてこの事故が将来、どれだけ悲惨な事故として伝えられるのか・・・。

最初この事故を「信じられない」といった思いで見てましたが、
数分後には青い顔したまま原因と、この事故が引き起こす影響を考えてました。
多分「失敗学の進め」を読んだ影響で、失敗という結果に潜む原因を深く考えるようになった。
普通じゃない状況が、普通じゃない事故を引き起こした、それには必ず原因があって、それは気づけるものなんです。
つい最近、「安全学の現在」という本を買ったばかりで、安全管理はどんな時に乱れるのかを学ぼうとしていたところ。
失敗学に繋がる安全学を考えようとしていたところに、こんな大惨事の事故が起きて、なんだかナーバスです。
理工学系だからか、レスキューよりも事故原因調査に当たっている人達の心境がよく判ってしまって・・・きっと、どれほど重大な出来事か理解しているだけに恐ろしさも強いでしょう・・・。
一年か二年ほどすれば、今回の事故のレポートのような本が発売されるでしょうから、それを見て何かを学ぼうと思います。

亡くなった方達にご冥福を・・・。
[PR]
by paja1206 | 2005-04-25 20:09 | 日常日記
<< ラジオvsテレビ 古田!2000本安打おめでとう! >>